PCちゃんに丸投げで作詞作曲するわ

自動作詞・自動作曲ソフトを使うだけ。
↓のメニューは設定のしかたがよくわからなくて機能してません。ごめんね。

自動作詞は自動作曲よりもかなり難しいジャンルのようで、自動作曲ソフトのように比較表を作るほどソフトのラインアップが豊富ではありません。
自動作曲ソフトレビューまとめのように、比較表を作るほど数もないし、表で比較しなきゃいけないほど各ソフトの実力が競り合ってもいないと考えますので、独断と偏見で作ったランキングにしたいと思います。
あくまでも「私が個人的に」「ボカロ創作に流用しやすそう」と考えるランキングなので、ここで順位が低いソフトをディスる意図はございません。
どんな良いソフトでも、結局は使う人次第ということも念頭に入れて、「たいしたオリジナル曲作るでもないやからがなんか言ってるわ」程度の順位として戯れにご覧下さい。


1位
驚異の自動作詞ミーハー編


圧倒的です。
デフォルト状態では、できあがる歌詞は貧弱そのものなんですが、このソフトの強い点は、辞書ファイルの編集によって、ほかのあらゆる自動作詞ソフトが生成するスタイルを、全て飲み込んでしまうというポイントにつきます。
まあ、逆に言うと、そういう「辞書ファイルを自分で編集して強化する」といった作業をしたくない、ソフトの能力だけで作詞して欲しいって人には向きませんし、そういう使い方をするならとたんに順位の落ちるソフトでもあります。
カスタマイズ次第でバリエーションは無限大。
ただ、使える代名詞と、その使い方が限られているのが、ちょっと惜しい点でもあります。
カスタマイズができるんだけど、その拡張性には手放しで満点とはいいがたい。
作者さんらしき方を検索で見つけたんですけど、「昔作ったジョークソフトでボカロ曲つくってるアホがいたwww」みたいな発言してたんで、これ以上のバージョンアップは望めなさそうです。

2位以降は、「生成される文章がどれだけ歌詞らしい体裁になっているか」「何度も生成した場合のバリエーション」で比較することになります。
1位のソフトがあまりに圧倒的で異質すぎました。


2位
80年代流行歌風歌詞自動生成システム


カスタマイズ性のあるシステムではないのに、バリエーションの豊富さがすごい。
何度も利用していても、あまり似たような歌詞は出にくいのが特徴です。
自 動作詞のレビューで何度か触れましたけど、自動作詞システムには、ある程度の枠組みがあって、ところどころ穴あきになっている部分に単語をランダムにあて はめるみたいな作りと、単語単語をつないで組み立てていく積み上げタイプとがあるように思いますが、前者はどうしても同じ枠組みなら中の単語が違っても同 じような歌詞になってしまうんですね。
後者だと、バリエーションの点では強いといえますが、そこで難しくなるのが、きちんと「歌詞」としての体裁を保てるかどうかです。
ただのテキスト自動生成ではいけないんです。
生成してほしいのは、「歌詞」なんですから。
その点では、このシステムは後者を使ってるんじゃないかな? と思わせつつ、ほどよく同じ単語を何度も登場させることで歌詞としての体裁を整えているように思えます。


3位
うそこメーカー
自動作詞プログラム(コードつき)


2つのウェブサービスが同率3位という扱いにさせていただきます。
私はこれはもう、好みでしか差はないものと思っています。
サービスごとに歌詞にかなり強い個性が出てしまうので、好きなものを選んで使うってことになります。
うそこメーカーは歌詞のだいたいの枠組みは限られているので、何度も生成していると、似たような歌詞ばかりが出てきてしまいます。
自動作詞プログラムは、例えば「尾崎風」を選ぶと、尾崎の楽曲の歌詞のフレーズが出てきてしまうこともあり、注意が必要になります。
驚異の自動作詞ミーハー編の辞書ファイルへ、歌詞の枠組みデータを組み込むモトネタとしても優秀です。


5位
予言詩メーカー


個人的な好みではもっと上位にすえたいところですが。
とにかく、なんていうか、生成される文章が、悪く言えば意味不明。よく言えば、深い、ように思わせることが出来る。
人によっては勝手に深読みしていいように解釈してくれるので、突然名曲になるかもしれない可能性を秘めているような気がしないでもない。
このサービス自体は「歌詞を生成する」ためのものではなく、占いサービスに似たものなんですが、結果表示の形式が予言詩のため、歌詞としてとても使いやすい状態で出力されます。
ただ、やっぱり、表現にはわりと限界が早く訪れます。
2~3回生成してみれば、似たフレーズが登場するのがわかるかと思います。
個人的にものすごくスキなんですが、バリエーションの面で評価を下げ、この順位となりました。


6位
ストーリー・詩をつくる【ストーリーメーカー】
なvして


紹介記事では「その他の自動生成」でまとめて紹介したうちのひとつ、ふたつです。
私の中での評価は決して低いわけではなく、印象としては2位の「80年代流行歌風歌詞自動生成システム」と似たポジションにいます。
どちらもそこそこバリエーションも豊富で、何度か生成しても似た文章はなかなか見られません。
ただ、一度に生成される文章のボリュームがかなり少なく、一度で一曲分を作るのはちょっと厳しいかな…… でも二度生成したものをつなげて使うと印象の違う歌詞になっちゃうしな…… という使い勝手の悪さでこの順位となりました。
たぶん、使いこなせれば結構強いサービスだと思います。


8位
作曲できる奴ちょっとこいのデータで遊ぶ


ページを更新するたびに生成される歌詞のレベルにばらつきがありすぎるものの、使えるものは結構使える場合もあります。
使えないものは全く使えなかったりするので、この順位になりました。
もっと、使えるものが安定して出てくれればなあ……


9位
LYRICALOID 迷句リリ
萌ぇうた君


私は個人的には、自動作詞ソフト界隈においては、驚異の自動作詞ミーハー編と並んで2大ソフトと言っても過言ではない存在だと思っています。
そんで、迷句リリと萌ぇうた君って、同じ人が作ったんじゃないかなって思うくらい、生成される文章が似てる気がします。
ただ、一度にまとまった量のテキストを得られる、というだけで、あまりに歌詞になっていないかな、と。
これは自動作詞ソフトではなく、テキスト自動生成ソフトなんですよ。
ただ、こと曲先での創作となると話は変わってきます。
私が作った電子書籍(サイドバーを見てね)で実例を紹介したとおり、既に出来上がっている曲の音符に歌詞をあとから乗せていく場合、とたんに使い勝手の良さを発揮します。
これは、きちんと「ソフト」として作り上げられていて、設定で書き出す文字量を決められる部分が強いと思っています。
やってることはぶっちゃけ、「その他」でひとまとめで紹介したテキスト自動生成系とあんまり変わらないような気がしますが、それらをさしおいて順位付けした理由はそのへんにあります。


ランキングはここまで、10ソフト・サービスをご紹介しました。
私が個別に紹介記事を書いたにも関わらず、ここで登場していない自動作詞ソフト・サービスは、順位付けする価値もない、というと失礼かもしれませんけど、そのままボカロ創作に使うのは厳しいかなー…… と思っているものたちです。
それらのデキが悪いとかそういうことではなく、あくまで、私が個人的に、ボカロ創作にさくっと使いやすいかどうかで判断したものなので。
しつこいようですが、あしからず。

興味を持たれた方は目的別リンク集からソフトの入手先へどうぞ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット