PCちゃんに丸投げで作詞作曲するわ

自動作詞・自動作曲ソフトを使うだけ。
↓のメニューは設定のしかたがよくわからなくて機能してません。ごめんね。

とりあえずここまでで現在私が把握しているフリーの自動作曲ソフトは全て網羅しました。
他にこんなのもあるよって方は教えていただけるとうれしいです。
もちろん、作者さんご本人からの「こんなソフト作ったよ」「公開してるよ」って宣伝も大歓迎です。


ボカロ創作に限った視点でレビューのまとめをざっと表にしてみました。
ボカロ創作に使いにくそうな、midiファイルの書き出しができないソフトは除外しています。
また、詞先・曲先の得手不得手を比較できないため、作詞と作曲が同時に行われるソフトも除外しました。
さらに、画像を用意しなければ曲を作れない画像から曲への変換ソフトは、自分で画像を生成して曲を作るところまでいけるAuto Composer with Chaosを残し、除外しました。


あくまで、音楽知識なくソフトに頼ることでしか作曲活動を行う事の出来ない初心者が、同じ立場の初心者へ向けて紹介するつもりのレビューで、私の主観によるイメージでついた得点であることをご了承ください。
私がそのソフトの操作を隅々まで良く知らないために(できることをできないと思いこんでいる、など)低い得点が付いたということもあるかもしれません。「このソフトのこの低得点はおかしいだろ!」みたいなツッコミがありましたら、詳しい解説をお願いします。
今後そのような事実が発覚すれば、そのたびに更新していこうと思っています。

GW-20140920-074153

=項目の説明=
詞先 → 歌詞が先にあって、それに曲をつける用途で使えるか
曲先 → 歌詞がなくても曲を作れるか
曲調 → 選べる曲調の豊富さ
簡単 → 簡単操作で作曲できるか
融通 → 曲調を選ぶ以外に作りこみの余地があるか
手間 → ある程度のボリュームを持った「1曲」として仕上げる手間

=いいわけとか解説とか=
オルフェウスはぶっちぎりでよくできたシステムだと思っていますが首位独走とはいきませんでした。
「簡単」で得点を落としたことが原因と思われます。
(「曲先」でも得点が低いけど、ほとんどのソフトはどちらかが高得点・どちらかが低得点になるので。ちなみにここではあくまでボカロ創作に使う上での採点をしているので、どちらかというと歌詞先のほうが需要が高いだろうという予測から、曲先のみ3点満点となっています。)

ボカロデューサーの意外な得点の低さには私も驚いています。
詳しく得点を付け始めるまでは、オルフェウスとどちらがトップに立つか、といった考えでしたが・・・
なお、無料会員として触れる範囲での得点となりますので、プレミアム会員になるとまた変わってくるとは思います。
まず、オルフェウスと同じく、歌詞ありきで曲をつけるシステムなので、曲先は苦手になりますが、ほとんどのソフトではどちらかが得意でどちらかが苦手ということになっていますので、特別ボカロデューサーだけが得点を落とす原因としては考えられません。
曲調もまあそこそこ選べるんですけど、オルフェウスの多彩さを考えると同じ得点は付けられないかな、と4点になりました。
選べる曲のジャンル数だけでいうと、同じく無料のままなら数に制限がかかる自動作曲システムACSのほうが多いんだよなあ・・・
「融通」と「手間」が足をひっぱりました。
まず、私が発見できていないだけかもしれないですけど、現状、できあがった曲のデータをダウンロードするすべがない。
ボカロ3エディタを持っている人のみがボカロストレージに直接アクセスできるようですが、MIDIデータを取得できないようでは「融通が利く」とはちょっといいがたいかなと。
それから、無料会員の状態ですと8小節までしか書き出せないので、どうしてもそれなりのボリュームのある1曲にしようと思うのなら、1番と2番と別々に書き出してつなげるという手間が発生してしまいますね。

「簡単」では、起動して即デフォルト設定のままで良いなら作曲ボタンひとつでさくっととりあえず1曲できてしまうソフトが高得点になっています。
逆に、何度かページめくりをしながら項目を複数設定していった末にやっと作曲できるシステムが得点を下げてしまっています。
そうなると、どうしても歌詞を入力し、その歌詞のかたまりごとに設定をすることになる、歌詞先に向いているソフトほど得点が低くなってしまう。
これがオルフェウスが2位以下をいまいちちぎりきれなかった原因です。
でも、デフォルト設定でボタンひとつでまず作曲してみることができて、しかもいじり倒してみると融通もきくっていう、簡単+融通の双方で高い得点をとってるソフトもあるんですよね。

「曲調」では、生成される伴奏込みでの出来上がる曲の多彩さを比べているので、伴奏を書き出さないTRndM4が圧倒的に不利になってしまいました。
そのてん、伴奏のない2トラックのみの生成にもかかわらず、多彩な曲調を実現しているAuto Composer with Chaosはマジですげえと思います。

「手間」では、ソフトの操作のうえでの手間ではなく、ソフトがデータを書き出してから曲として仕上げるまでにかかる手間をさします。どれだけ、そのままで「1曲」となるデータを書き出せているか、という採点です。
短い曲しか書き出すことができず「1曲」を作る場合には必ず作ったフレーズのつぎはぎ作業が必要になる、ボカロデューサー・れっつ、めろめろ!・TRndM4が得点を落としました。
また、ふじとメロディーは単独でmidiの生成ができず、生成されたテキストをサクラにコピペするという二度手間が発生しているのでやはり得点を落とします。
長い曲を生成することができるものの、1曲の歌ではなくループBGMのようなものを書き出すタイプのソフトは、アウトロの概念がなくぶつ切り感満載になってしまうため、そこだけは手動で直さなければいけません。そこで少しばかり得点が落ちています。

MIDI Chord Helperは総合点が低めの評価になっていますが、ここではあくまで自動作曲をボカロ創作に流用する上での得点なので、ソフトそのものの評価点ではないことをご理解ください。
ソフト自体はとてもよくできているものですが、これはそもそもソフトの本来の目的は別の部分にあり、かつ「自動作曲 も できる」というものなのでこのような結果となりました。

興味を持たれた方は目的別リンク集からソフトの入手先へどうぞ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. HAL
    • 2015年11月24日 10:15
    • 時々、覗かせていただいてます。
      Wikipediaの「アルゴリズム作曲法」のページにソフトウェアの項目があるのをご存知でしょうか?
      Mac用、JAVAベースの物(今ちょっと入れてないので)、シェアウェア、アンビエント向きの物などなど、自分でも試せてない物も多いのですが。
      cgMusicとかちょっと面白いかなと思いました。
    • 2. 丸投げ
    • 2015年11月24日 13:08
    • 情報ありがとうございます。
      ヒマを見て少しずつ試して、記事を追加していきたいと思います。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット